Uncategorized

死が近づくにつれて「ありがとう」しか言わなくなった母の話

0
0

死が近づくにつれて「ありがとう」しか言わなくなった母の話

 

これは私の母親の話しではないのですが、私の知人が僕に話してくれ話です。

 

知人は、彼の母親が高齢になり病気にもなってしまい、徐々に体が弱くなるにつれて、

 

「ありがとう」としか言わなくなったらしいんですよ。

 

彼の話しによれば「多分あれは、感謝の気持ちで心の中を満たして、死への恐怖を克服しようとしてたのではないか」って。

 

僕はその話しを聞いてとても共感できたんですよ。

 

感謝の気持ちを持つって、言葉だけ受け取ればキザだし、綺麗事だろうって思う気持ちもわかる。

 

でも、実際のところ、感謝しながら怒れないし、感謝しながら恨めないし、感謝しながら嫉妬できないし、感謝しながら悲しめないんですよね。

 

いくらポジティブを装っていても、明るく振る舞ってても、その中にネガティブは共存できるじゃないですか?

 

でも、「感謝の気持ち」だけはネガティブと共存できないんですよね。

 

全てを受け入れられてしまうというか、ちょっと魔法的な言葉だなって思うわけですよ。

 

怒りや、悲しみや、嫉妬や妬みや、死への恐怖すら克服できる。

 

今まで色々大変なことがあったけど、今まで一緒にいてくれてありがとうという気持ちを持つだけで、

 

どんな最悪な気持ちも無くなる気がする。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

-Uncategorized

Copyright© 共感.fun , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.