Uncategorized

なぜ人は努力を継続できない?脳科学を学び努力が継続できるようになった話

 

努力っていうのは、本当に継続するのが大変なんです。

 

三日坊主って言葉がよくあるけど、

 

三日も頑張れれば、おめでとうって感じ。

 

脳科学では、人間っていうのは、

 

元々新しいことを始める(習慣にする)のが超苦手です。

 

むしろ『新しいことは始めるな!』と遺伝子にプログラムされています。

 

この動画は、苫米地英人さんのスピークなのですが、

 

『脳の仕組み』というタイトルのYoutubeです。

 

 

 

 

苫米地氏曰く、

 

多くの人にとってのゴールは、現状維持である。当たり前じゃない?生存しなきゃいけないから。ホメオスタシスが働くわけ、心臓の動き、呼吸の動き、全て一定に動くでしょ。つまり、我々の脳の本能は、現状維持するというゴールがあるわけ。てことは、現状を維持するために必要な物しか、実は見えないってことです。

 

どれだけ僕たちが

 

『現状を変えたい』

 

とか

 

『未来を良い方向へ変えたい』

 

とか思っても、

 

そういう意志の強さは、

 

脳が持つ本能『現状を維持する』というゴールには勝てない。

 

だから、例えば、

 

ボーリングでストライクが偶然続くと、

 

三回目でいきなりガーターとかブチかましたりする。

 

脳の潜在意識は、

 

『俺は何回もストライク出来るほど能力ない』

 

とか思ってるからね。

 

馬鹿みたいに聞こえるけど、これは紛れもない事実だと思う。

 

僕も、学生のころ、

 

中間テストで85点とった後に、

 

期末テストで30点をとった経験とかがあって

 

今振り返れば、絶対に潜在意識に負かされてたと思った。

 

このような『現状を維持しようとする』働きのことを、

 

脳科学ではコンフォートゾーンと言う。

 

人間は、自分が無意識下で心地良いと思ってる場所へ

 

逃げようとするんですね。

 

 

じゃあ、脳科学的なアプローチを使って

 

努力を継続し、人生を変えるにはどうすれば良いのか

 

習慣が変わると、人生が変わる

 

どうやって、習慣を変えるのか。

 

それは、

 

既に俺はプロの野球選手である、ていうか、なれるのが当たり前だし、何処のメジャーリーグの球団に行こうか迷ってます。

 

くらいに妄想のレベルを上げる。

 

自分の頭の中で、『現実』を勘違いする。

 

これもまたまた馬鹿みたいなことなんだけど、

 

結局、成功してる人って、

 

頭の中では、成功してないときから、

 

勘違いして俺は成功者だ、みたいに妄想してるし、

 

現実的には必ずできるはずだと思っている。

 

そうすると、脳では、

 

『出来ていなことがおかしい』

 

と思い始めるわけ。

 

そうすると、脳は現状を維持しようとするので、

 

早く成功をしているという現実を維持しなきゃと思うわけです。

 

これ、友達とか、先生とか、親とかに言ったら、

 

鼻で笑われそうだよねw

 

でもね、俺はこの本を読んでめっちゃ自分を変えることができた。

 

勿論、人にはそれこそ性格があって、

 

そんな妄想を強く信じることは最初は難しいかもしれないけど、

 

ポジティブな気持ちは意図的に作り出せるよね。

 

『こんな夢を手に入れられたらどんない嬉しいだろう』って。

 

そういうポジティブな感情でも良い、

 

脳味噌は、感情とリアルを区別できない。

 

戦争の映画を見たら、ドキドキ拍動が早まるのはそういうこと。

 

脳を騙して、努力しまくって、現実を変えよう。

 

以上、

 

ありがとうございました٩( 'ω' )و

 

-Uncategorized

Copyright© 共感.fun , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.