Uncategorized

人生が変わる映画『ショーシャンクの空に』について語る

0
0

人生で何度か、

 

稲妻が落ちたように心をインスパイアされた経験があります。

 

その中の一つに「ショーシャンクの空に」というものがあります。

 

「ショーシャンクの空に」っていうのは映画のことでして、

 

 

どういう映画かというと、

 

アンドリュー・デュフレーン (アンディ)っていう銀行員が、

 

妻とその愛人を射殺した罪に問われて、

 

無実を訴えるも終身刑の判決が下り、ショーシャンク刑務所へ送られて、

 

その後脱走するっていう話なんだけど。

 

僕の心が稲妻が落ちたようにインスパイアされたのは、

 

子供の頃に「ショーシャンクの空に」という映画を見たときではありません。

 

もう少し大人になって、高校生くらいの時に、この映画についての評論を聞いた時です。

 

詰まるところ、

 

今日の話しは、ほぼほぼ受け売りで「ショーシャンクの空に」という映画の解説を、

 

焼き直す感じになってしまうんだけど、でも、焼き直しだろうがなんだろうが、

 

感動して心が動いた瞬間のことを、ブログで伝えずにはいられない。

 

だから今日、こうして昔のことを思い出して記事を書いています。

 

若いうちの人生は、

 

心が強く強く動かされるような体験に何度出会ったかで決まります。

 

余談だけど

 

ギフテッドっていう天才児みたいな子供って、

 

多分生まれながらに強すぎる感受性や、共感能力が高いからこそ、

 

誰も彼もが驚くべき成果を残せるんじゃないかなって思うんです。

 

だから、

 

あなたも少しでも心が動かされるような体験は強く心に刻むと良いと思うんです。

 

なぜなら、自分が変わるから!

 

 

それで、まあ話しを戻すけど、

 

僕が感動した「ショーシャンクの空に」の映画解説をしてくれたのは、

 

町山智浩さんという映画評論家の方でした。

 

 

彼は、元々は本の編集をやってた方で、

 

今はアメリカで暮らしながら、映画を評論したり本を書いたりして生活をしてる人なんですけど、

 

彼は、ショーシャンクの空にっていう映画に関して、

 

こんなふうに解説するんです。

 

ショーシャンクの空っていうのは、プリズンを脱獄する話じゃない。

 

あれは、無実の罪で檻に入れられた男が、

 

それでも人生を諦めず、少しずつ、たった一人で孤独で穴を掘り続けて、

 

いよいよ最後には穴を貫通させることができるんだよっていう希望の話なんです。

 

人生には、辛いことが沢山あって、

 

自分じゃ手の届かない高い高い現実があって、

 

心だったら何百回でもポキポキ折られてしまうけれど、

 

それでも穴を掘り続けることさえ続ければいいんだと、その穴は、いつか必ず向こう側へ貫通できるから。

 

こういう話しを聞いて、それを踏まえて映画を見直すと、

 

アンディがいよいよ穴を貫通させて脱獄するってこと以外にも、

 

例えば刑務所の中に図書館を作るために、

 

市から予算をもらうために、手書きの手紙を、市の役所に何年も送り続けて、返信がなくても、

 

腐らず折れずに、何年も手紙書き続けて、

 

6年経ってようやく返信が来て、盛りだくさんの本が送られてきて、刑務所の中に図書館が作られる予算が入ったり、

 

それとか、アンディが壁を小さなトンカチで削って、

 

その砂を、定期的に手のひら一掴みづつ、

 

刑務所の自由時間にポケットから砂場へ捨てるのが楽しみだったっていうシーンとかも、

 

一人でコツコツ成果を噛み締めならが心の安定を保つところとか、すごい好き。

 

まあ、なんていうか、

 

挫けそうになるたびに、ショーシャンクの空を見て、

 

自分と重ね合わせたりして勇気をもらって、

 

何年かかろうが関係ない、穴を掘り進めることを自己目的化して、

 

一ミリずつ向こう側へ進んでいることを、

 

人生の楽しみにできるんだってすごく勉強させてもらった。

 

諦めないことが、人生の生きる意味になる、希望こそが、人生の光になる。

 

以上です。

 

*この記事のおすすめ関連商品はこちら、人生に素晴らしい変化をもたらすものばかり

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

-Uncategorized

Copyright© 共感.fun , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.