人生お悩み

世の中には良い人も悪い人もいない、どっちを誰に差し出すかというだけの話だ!

0
0

世の中には良い人も悪い人もいない、どっちを誰に差し出すかというだけの話だ!

(***タイトル回収は、この記事の後半で行います。)

 

こんにちわ、お元気に過ごされていますか。

 

誰にでも、恋人が欲しいなあと思う時期はあるかと思うわけですが、

 

正直な話し、僕にも当然そういう時期がありました。

 

21歳くらいの時期です。

 

当時、僕は彼女が欲しいなあと思っていて、でも彼女など作れなくて、

 

手当たり次第に色々と試行錯誤して、頑張って彼女を作ろうと努力していました。

 

それで、色んな挑戦を繰り返していくうちに、

 

ある程度、

 

再現性のある"彼女の作り方"というものは理屈で分かって来たんです。

 

それは、彼女を作るには、

 

下記の三つの条件を満たせば良いんだなというものです。

 

  • 定期的に会える
  • 会うたびに好意を伝えることが出来る
  • 好かれたらワンチャン狙う

 

ぶっちゃけ、

 

上記の三つを満たせれば、

 

相手に既に恋人がいたり、今は恋人を作らないと決意してる人以外は、大抵は付き合えると思います。

 

相手が、

 

どれほど見た目が良い人だろうが関係がないと思います。

 

結局、重要なポイントとしては、

 

「定期的にあう」という繰り返しの積み上げが必要ってことなのですが、

 

これって、

 

新規営業活動と原理は同じジャーンって学んだわけです。

 

 

僕は、最初の頃は、営業活動も恋人作りもやり方が全く分かりませんでした。

 

仕事も恋愛も、所謂ナンパ的な活動の類をやってみたり、

 

とある日には、友達が連れてきた女友達に、

 

酔っ払った勢いで、

 

突撃・食いしん坊バンザイみたいな悪ノリをブチかましたり、

 

そういう感じで、

 

最悪な嫌われ方をしたりしました。

 

 

でも、

 

よく考えてみれば、信頼関係がない状態で、

 

好かれようとしても不可能だよなとか思うんです。

 

好かれてない人にアプローチしてはいけない。

 

これは営業でも恋人探しでも同じですよね。

 

当たり前のことなんだけど、

 

当たり前のことを実践するのは意外と難しいですよね。

 

*詳しくはここにも書きました↓

【恋愛】たった一つの条件を満たせば大体の人と付き合える落とせる

 

まあ、それで、今回の記事のタイトル回収に入りますけれども、

 

僕は、そういう感じで、

 

少しづつ、付き合いたい人に好かれる方法を覚えていきました。

 

それで、

 

21歳のときに、そのような活動の結果、素晴らしい女性に好かれることに成功しました。

 

でも当然、当時の私としましては、リスクヘッジを兼ねてましたので、

 

色んな友好関係を作ってたわけなんですよね。(詳しくは直後に説明します)

 

そこで、衝撃的な事実に気がついてしまったんですよね。

 

もう、他の女性にマメに連絡する必要も、優しくする必要もない

 

なんていうか、僕は結構、打算的な性格だと思う。

 

別に付き合ってるわけでもないし、色んな女性と仲良くしつつ、

 

自分の時間を均等に分散させつつ、リスクをヘッジして、

 

一人から切られても、とりあえずメンタルが大丈夫な感じで進めていこう!

 

当たり前のように戦略立てて物事を進めていました。

 

僕はメンタルが強くない方なので、

 

リスクの高そうな案件や、準備不足による墜落死を避けなければいけないわけです。

 

だから、

 

「この人は僕を好きになってくれるかな?」と期待値が高めの人がいたとしても、

 

基本的には

 

「この人に裏切られても大丈夫なようにしておこう」と常にプランBを考え別枠を考えて動くタイプです。

 

そのような自分の性格に関しては、多少(いやかなり)残念でもあるわけですが、

 

これは一丁一夜にして形成されたスタイルではなく、

 

過去に、かなりひどい裏切られ方されたことがあるので、それに対する単純な環境適応だと自分では考えております。

 

 

それで、そのような疑り深い自分の性格は、

 

実際に、さまざまな局面で、実質的かつ精神的に僕を守ってきてくれていました。

 

それで、僕は21歳のときに彼女が出来てから、今まで仲良くさせてもらってた方々に、極めて失礼に振る舞うようになってしまいました。

 

僕は、正直、

 

恋愛活動をエクスパンション(拡大)したいとは全く思わないタイプです。

 

一人いれば、僕はもうそれでいいし、

 

浮気とか不倫みたいな無駄な時間に、自分の人生の大切な時間を取られたくないし、

 

もう一人彼女がいれば、

 

男女が混同する面倒くさい社交の場にも行く興味もありません。

 

また、そういうトラブルが原因で、

 

お金を取られたり、

 

面倒くさいことに巻き込まれたり、

 

裁判沙汰になったり、刺されたりするのは勘弁して欲しいわけです。

 

 

なので、いい人ができたから、他の人はどうでも良いやってなってしまったわけです。

 

それまでは、

 

結構マメに返信もしてたし、僕も優しくするので、相手に好かれてもらったりしてたんだけど、

 

もう会う必要もないから、ハングアウトを断ったり、連絡も突然返さないとか、

 

その上、

 

僕の仕事のことで、ちょっと聞きたいことあるときだけ連絡するとか、

 

とある女性には、

 

「君はかなり失礼だ」ってかなり真剣に怒られた経験もあります。

 

でも、これは、もしかしたら、逆になってたかもしれないなと少し恐怖を覚えたんですよ。

 

 

つまり、

 

付き合った彼女に対して、そういう行動を与えていた可能性があるなと思うわけですよ。

 

何かの偶然の掛け違いで、彼女に対して、最悪な接し方をしてたかもしれないって考えるんですよ。

 

僕は思うのですが、

 

人間関係の糸は、非常に複雑な偶然によって、長期的に続くか、途中でぶっつり切れたりすると思う。

 

それは、ある意味、不可抗力な部分であるとも言えると思う。

 

昔、

 

自分の母親が、「本当に合う人が出来たら、自然に行くから安心していい」みたいなことを言ってたんだけど、

 

自分に合う人は、複数いて、その席には、一人しか座れないかもしれない。

 

そこで、僕は気がついたんですよ。人間の性格には、究極的には、良いひとも悪い人もいない。どちらを、誰に差し出すかというだけの話しだ

 

と。

 

勿論、例外はある。

 

僕の母親の弟さんは、本心ではどう思ってるのか知らないが、

 

いつ会っても、どんな状況で接しても、僕にとても優しく、一貫した穏やかさがあります。

 

しかし、

 

そんな彼にも、嫌いな人や、痛い目に合わせてやるって思いを抱く事もあるはずで。

 

どういうきっかけで、人が人に対して失礼になるのかは正直、予測不能だって事です。

 

僕の場合は、もう彼女が出来てしまったが故に、

 

それまで交流をさせてもらってた女性に、非常にテキトーな対応に変わってしまいましたし、

 

新しく出会う女性に対しても、

 

多分、男として、彼女がいる前の自分と、いる後の自分では、接し方が違うと思う。

 

やっぱ、正直、下心って俺は誰でにもあると思うし、

 

そこを、俺は偽善的に、誰にでも公平に優しいとは、言えない。

 

僕は、聖人君主ではない。

 

前に、心理学の本でも書いてあったんだけど、

 

人は、自分の好かれるポイントは予測できても、

 

自分が、何が原因で嫌われるかは全く予想ができないと書いてありました。

 

 

created by Rinker
¥2,090 (2021/02/09 09:34:26時点 楽天市場調べ-詳細)

 

なので、もしかしたら、自分は唐突に嫌われたり、冷たくされたりするかもしれないけど、

 

僕の場合、別に、それ以上、深掘りして詮索しないし、

 

僕に取っては、嫌いな人も、最高に優しく接してる人には、優しい人だと認識されてるはずで、

 

そういう複雑な人間感情のあれこれを、学んだなあと思ってます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

-人生お悩み