お仕事の知恵 人生お悩み

節約や貯金ではなくバーンレートという言葉を使おう

0
0

 

スタートアップの世界では、「バーンレート」と言って、会社が1カ月に失うキャッシュの量がありまして、

 

一般的には、新たな資金調達をしなくても会社が継続できる期間である「ランウェイ」を延ばすために、

 

バーンレートは低く抑えることが推奨されてるんですよね。

 

だって、バーンレートが長ければ長いほど、試行錯誤する時間が増え、自由に使える時間も増えて、

 

相対的に有利な立場にある投資家との交渉に使える資金も増えるからです。

 

また、過度なストレスを感じることなく、ビジネスに集中することができます。

 

今回の記事では、このバーンレートという概念を、個人にも応用して活用しませんか?という提案の記事です。

 

自分の生活の中に、新しい概念がブランドみたいに根付くと、すごく自分の生活習慣が変わって人生が変わります。

 

よく、貯金するっていうことがあるけれども、増えていくものには人間は鈍感になって、貯金がたまらないことに対しても、

 

人はあまり敏感に痛みを感じません。

 

でも、個人としての「バーンレート」が低いと、どんどん自分のお金が、自分の行動の結果なくなっていくのをひしひしと感じ取れます。

 

だから、節約しようって意識が変わるわけです。

 

僕は長年フリーランスをやってて、フリーランスはもらえるお金の単価も高い分、結構すぐに契約終了になったり、

 

景気が悪いとお金が入らなかったりするので、今まで貯めたお金を使って、どのようにバーンレートを下げようとかと意識することで、

 

まじで節約上手になって無駄遣いも減りました。

 

それで、自分が乗ってる滑走路が長ければ長いほど、リスクを取ってより多くのチャンスを掴むための余裕と柔軟性が生まれます。

 

フリーランスで言えば、新しい案件取らずに、勉強する時間が増えるってことです。

 

また、毎月の給料にこだわる必要がないので、仕事の面白さと生活費の両方を重視したキャリアパスを選択することができます。

 

自分の人生をコントロールし、自由になることだって出来るわけです。

 

この考えは、スタートアップの世界に入ることを考えている人には特に重要です。

 

毎月の給料がないとギリギリ維持できないような「燃焼率」の高い生活を続けている限り、

 

スタートアップに挑戦する勇気はなかなか出てこないでしょうし、

 

スタートアップ企業は、キャリアを大幅に向上させる可能性があるにもかかわらず、

 

固定給に頼っていては、スタートアップの夢を追いかけることはできません。

 

です。逆に、個人としての「燃焼率」を下げ、「滑走路」を増やすことができれば、リスクを取ってチャンスをつかみ、

 

長期的には人生をポジティブに変えることができるようになります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

-お仕事の知恵, 人生お悩み

Copyright© 共感.fun , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.