雑談

子どもの性別は何で決まるのか、子どもの性別で人生はどう変わるのか。

0
0

 

「進化的に見て、ほとんどの哺乳類はオスの子供よりもメスの子供を産んだ方が安全である」

 

これはアメリカの進化生物学者ロバート・トリバースとダン・ウィラードが提唱した仮説です。

 

「男性の子供よりも女性の子供の方が進化的に安全である」ということは、男性は自分で子供を作ることができないが、

 

女性は男性を数分間誘惑すれば子供を作ることができるということです。

 

この仮説によれば、供給が不十分であったり、メスの健康状態が良くなかったり、ヒエラルキーの最下層にいたりすると、

 

人間の子孫の性別は、より安全な賭けのためにメスになる可能性が高いと考えられます。

 

実際、メスの出生率と母親の胎内環境の関係は、アカシカやウシ、バーバリーマカクなどで実証されています。

 

これは、血糖値が低いと環境が悪いという信号が子宮に送られ、雄の胚が自然流産するためだ。

 

また、血糖値以外の要因も胎児の性別に影響を与えます。

 

例えば、チリで大地震が発生した際、妊娠3ヶ月の母親から生まれる男の子の数が少なかったという調査結果があります。

 

また、ニューヨーカーから生まれた子供の男女比を調べたところ、「ニューヨーカーから生まれた子供のうち、男の子の数が減少した」という結果が出ましたが、

 

別のサンプルを調べたところ、「男女比に影響はなかった」という結果が出ています。

 

また、喧嘩の多い夫婦には女の子の子供が生まれやすいという研究結果もあります。

 

これらの研究では、子供の性別に影響を与える可能性が最も高い物質として、ストレスホルモンのコルチゾールが特定されました。

 

しかし、現代では、科学的な要因よりも社会に大きな影響を与えているものがあります。

 

それは、男の子を好む傾向です。男の子を好む傾向は、一人っ子政策を採用している中国で最も顕著ですが、(現在は撤廃)

 

Googleで「男の子の産み方」の検索が「女の子の産み方」の検索よりも頻繁に行われていることから、アメリカでも男の子が好まれていると考えられています。

 

また、親が子供の性別を好むのは当然ですが、子供の性別は親にも影響を与えます。

 

過去の調査では、子供の性別が親の政治的見解にまで影響を与えることがわかっており、息子を持つ親はよりリベラルな信念を持ち、

 

娘を持つ親はより保守的な共和党員になる傾向があります。なお、継子や養子は現在のところ調査の対象外となっています。

 

また、息子のいる夫婦は娘のいる夫婦よりも結婚生活を長く続けていることや、

 

思春期の息子を持つ父親は他の親よりも幸福度が低いことなどが明らかになりました。

 

シカゴ大学が毎年実施している社会調査(General Social Survey)では、

 

米国在住者を対象に、年齢、性別、人種、出生地などの人口統計学的情報のほか、政府支出から人種、神の存在に至るまで、

 

さまざまな質問に答えてもらっている。カンザス大学の社会学者であるEmily LoescherとConnellyは、一般社会調査の回答のうち、

 

第一子の性別に着目した調査を行った。このとき、養子や継子がいる夫婦は調査対象から除外しました。

 

その結果、連れ子や養子を除いた場合でも、息子を持つ親の方がリベラルな傾向があることがわかりました。

 

また、娘を持つ親は共和党を支持する傾向が強く、これは先行研究と一致していますが、

 

興味深いことに、娘を持つ夫婦は、共和党の中絶禁止を支持する一方で、中絶に理解を示す傾向が強かったのです。

 

これは、娘が若くして未婚の母となるリスクに比べれば、中絶もやむを得ないという現実的な判断を反映していると考えられます。

 

さらに調査によると、子供の性別が両親の政治的見解に影響を与えるのは、ジェンダー問題だけで、銃規制、移民、税金、福祉などの問題には影響しないという。

 

もちろん、娘や息子が実際に親に新しい物の見方を与え、親の考えを変えるかどうかはわかりません。

 

しかし、ニューヨーク大学の社会学者アビゲイル・ワイツマンは、発展途上国において、娘を持つ母親は、虐待や育児放棄を受ける可能性が高いだけでなく、

 

より高い確率で仕事に行かなければならないことを発見しました。

 

これは、父親は息子の母親には家にいて息子の面倒を見てほしいと思っているが、娘の場合は家族を支えるためにお金を稼いでほしいと思っているからである。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

-雑談

Copyright© 共感.fun , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.