米国ドラマ史上最高傑作ブレイキングバッド、ウォルター・ホワイトの狂気が垣間見れるシーンを紹介

0
0

 

ブレイキングバッドといえば、米国ドラマ史上最高傑作と言われている名作です。

 

私も、過去に評論をブログに書きましたが、未だにSEOから多数のアクセスがあります。

 

 

早い話が、ブレイキングバッドを見てて、何が面白いかって、

 

「おまえ、そんなところで、そんな行動取らないだろ」みたいな感情移入できなくなるシーンが少ないからなんですよね。

 

まあ、部分だけ取り出せば、「いや、そんなところで、そういう行動はしない」っていうのはあるけどさ、

 

一連の流れで見ていくと、本当に目立たない、そのくらい感情移入させるのが上手な作品なんだよね。

 

ウォルターホワイトのサイコパス・シーン

 

まあ、ウォルターホワイトは、最初はめちゃくちゃ気弱な化学の先生だったんだけど、

 

段々と楽々人を殺せるくらいサイコパスに変容していくんですが、そう言うグロテスクシーンだけではなく、

 

個人的にサイコパス〜な感じが出まくってるシーンがあるので紹介します。

 

多分、あんまりブレイキングバッドを知らない人でも興味深く見れると思うw

 

16歳の息子にテキーラみたいな濃い酒を飲ませるウォルターホワイト

 

そのシーンがこれです。w

 

 

お祝いだから飲めよと強要して、ハンクが「もうやめておけよ」と言ってコップを手で塞いでるのに、

 

その上から酒を注ぐサイコパスっぷりw個人的に大好きなシーンです。

 

 

 

皆さんも、ぜひこの最高シーンを見てみてくださいw

 

映画 / ドラマ観るなら<U-NEXT>

 

【dTVチャンネル】簡単登録で今すぐ視聴

 

【今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

すべての作品が見放題【ABEMA】

 

 

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

本・映画レビュー

コメントする