「見つめるナベは煮えない」早い決断が良い決断とは限らない

0
0

 

何かものを考えるとき、すぐに答えが出ないことってある。

 

下手したら、その計画を実行に移すまでに何年もかかったりすることもある。

 

でも、私は時として、それでいいのではないかと思っている。

〝見つめるナベは煮えない〟ということわもありまして、これは、

 

早く煮えないか、早く煮えないか、とたえずナベのフタをとっていては、いつまでたっても煮えないという意味です。

 

つまり、あまり注意しすぎては、かえって、結果がよろしくない。

 

しばらくは放っておく時間が必要だということを教えたもので、私はすごく好きなんですよね。

 

おそらく、考えるときも同じことが言える、あまり考えつめては、問題の方がひっこんでしまう。

 

出るべき芽も出られない。悩んだらいっそのこと考えるのをやめて、一晩寝流。

 

すると、ナベの中はほどよく煮えている。試してみてください。

 

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • センスの身につくwebメディア、kyoka.funを立ち上げました!ぜひ楽しんでください〜 個人Twitterは、https://twitter.com/ryosuke_1997 です。良ければフォローお願いします :)

哲学

コメントする